« 余波 | トップページ | おしお »

思いは

書くつもりはあまりなかったし、いろいろは書けないというのもあるけれど、書かないもの変なので、ちょっとだけ。

26日に作家の中島梓(栗本薫)さんが亡くなられた。
膵臓だと聞いていたので、いつ、でもおかしくないと思っていたけれど、もう一回くらいは退院して来て… とか甘いことを思っていた。

出会わなければ、人生が変わっていた、だろうというくらい、いろいろと大きな影響を受けた作家さんで(中学高校とたくさん本を読んだつもりだったのに、その中の数百冊は結局、かの人ひとりの本だった事に気がついて呆然とした数年前…)、パソコン通信というもののお陰で、何年間かは直接交流もさせていただけた。
この数年はさっぱりだったけれど…

いろいろとあふれるほど思いはあったけれど、泣くことはないかな、と思っていたけれど。やっぱりここ数日は夜になると泣いてしまう。

パソコン通信のころの友達が、メールやら電話(国際電話だったよ!)をくれた。また皆で集まっているのだと。
あなたたちとも、あずささんがいなければ、出会わなかったんだよね…

いつだって死者は安らかだ…
そう書いていた、貴方が安らかでありますように。

|

« 余波 | トップページ | おしお »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いは:

« 余波 | トップページ | おしお »